スペシャルインタビュー:ブランドプロデューサー戸賀敬城×ファッションディレクター森岡 弘

「僕らがFJを選ぶ理由」~前編

ゴルファーの足元を支え続けて、約160年。ゴルフシューズ専業メーカー、
フットジョイの歴史はゴルフの歴史とともに歩んで来たといっても過言ではない。
機能を磨き続けたゆえの圧倒的な履き心地の良さ、
そして研ぎ澄まされたデザインはファッション業界の第一線で活躍するキーパーソンにも刺さっている。
雑誌「メンズクラブ」など数々のメディアで編集長を歴任し、
数々の有名ブランドのアンバサダーもこなすブランドプロデューサー戸賀敬城、
PGAツアーで活躍中の小平智プロのコーディネイトや各界の著名人たちのスタイリングを手がけてきた
ファッションディレクター森岡 弘もフットジョイの愛好家であり、業界随一のゴルフ好きと言っても過言ではない。
モノを見極める審美眼において、誰もが認めるプロ中のプロである2人がフットジョイについて語る、特別対談第3弾。

スペシャルインタビュー「僕らがFJを選ぶ理由」~前編

----もともとお二人ともファッション誌の編集者からキャリアをスタートさせていますが、ゴルフとの出会ったきっかけを教えてください。
森岡 弘(以下、森岡) 「12年ぐらい前に戸賀さんからゴルフ特集の仕事を依頼されたのがちゃんとゴルフをやり始めたきっかけですよ」
戸賀敬城(以下、戸賀) 「あ、そうそう。僕が雑誌『UOMO』にいた頃ですよ。懐かしいですね」
森岡 「その前からもちょろちょろとゴルフはやってたんですが、楽しさがイマイチわかってなかった。戸賀さんのおかげで再スタートできて、1年半くらいで80台前半でまわれるようになって、ゴルフ熱に拍車がかかりました。クラブフィッター・鹿又さんのところでクラブ選んでもらってたりね」
戸賀 「森岡さん、甲子園球児ですから。ずっと野球やってた人って上手いんですよ、やっぱり。何のドライバー使ってるのか気になってました」
森岡 「いや、甲子園は出てないって(笑)。ちなみに使ってたドライバーはタイトリスト〈VG3〉でしたね。再スタートしてから1年半くらいの頃が一番練習してたし、上手かった気がします。その頃のベストスコアがいまだに超えられない(笑)。ベストスコア80が!」

----確かに森岡さん、一緒に何度かラウンドさせて頂いてますが、飛びますよね。では、戸賀さんはいつ頃ですか、ゴルフを始めたのは?
戸賀 「僕は23、24歳くらいかな。雑誌『Begin』にいた頃だから、もう27、8年前ですね。当時の編集長と家も近かったから、週3で明治神宮外苑ゴルフ練習場に行ってました。練習始めて1ヶ月後の初ラウンドでスコアは106。半年もしないうちに80台がでまわれるようになりました。でも、やりすぎるクセがあるんで、26歳の頃にぎっくり腰やってしまって、ゴルフをやめちゃったんですね」

----戸賀さん、もしかしてハマると結構突き詰めてやるタイプですか?
戸賀 「う~ん、そうかもしれない(笑)。そのあと33歳で『メンズEX』の編集長になった時に先輩の編集長たちからもゴルフやろうよ、って話になって、また再開しました。それからはもうずっと大好きでやってますよ、ゴルフは」

スペシャルインタビュー「シューズ選びが上手い人はウェアの着こなしも上手(戸賀)」

「シューズ選びが上手い人はウェアの着こなしも上手(戸賀)」

- - - -よくファッションで「オシャレは足元から」と言いますが、ゴルフシューズに対してどんなこだわりがありますか?
森岡 「ゴルフはやればやるほど、自分に合ったシューズじゃないとパフォーマンスが落ちるということが分かりますね。履き心地がよくないと疲労感も出やすいし。ゴルフウェアはどちらかと言うとファッション性に重きがありますが、ゴルフシューズはギアでもありますし、機能性も大事です」
戸賀 「僕ね、足の形が甲高幅広なんです。普段履くシューズだとイタリアもので44(27センチ)、アメリカものだと10ハーフ(28.5センチ)。でもゴルフシューズになるとスポーツ用だし、長時間着用するから、11ハーフ(29.5センチ)とかがしっくりくる。だから、日本だとなかなかサイズがなくて困ってますね。海外に行った時にまとめて買うことも多いです」
森岡 「僕も甲高幅広なのでなかなかフィットするシューズを探すのが大変ですが、最近フットジョイの〈マイジョイズ〉にオーダーして作ってみたんですよ。これがまたすごくいい。フィット感も抜群。自分の好みのスタイリングに合わせて、カラーもいろいろ遊べるし、ファッション性も高いので同伴プレーヤーからもいいね、って言われます」
戸賀 「僕もまだ手元に届いてませんが、森岡さんのを見て、サドルタイプを作りました。しかもちゃんと測ってもらったら28.5センチだったんで驚きました。ゴルフシューズのオーダーは初めてですね。あと、ファッションでもそうだけどシューズの選びがイマイチだと、全体のスタイルが微妙になってしまう。だけど、逆にシューズ選びのセンスがいい人だとファッションの着こなしも上手ですよね」
森岡 「そうそう。シューズのセンスが良いと洋服がシンプルでもすごく洗練されて見えます。だから、ゴルフシューズだって同じで、シューズを軸にウェアを決めて行ってもいいと思うんですよ。そう言う意味では〈マイジョイズ〉もそうですし、この新作〈ドライジョイズ プロ〉もスタイリッシュで好きです」

スペシャルインタビュー「〈ドライジョイズ プロ〉には機能美が備わっている(森岡)」

「〈ドライジョイズ プロ〉には機能美が備わっている(森岡)」

----話にも出ましたが、この新作〈ドライジョイズ プロ〉は3ウィズから選べます。そもそも”ウィズ”が選べるゴルフシューズがあるって知ってましたか?
戸賀 「ゴルフシューズでウィズなんて測ったことないですから知らなかったです。しかもお店で選べるんでしょ? 僕は一番幅広の〈XW〉がぴったりでした。フットジョイはやっぱりやることが違う。こういうサービスをするところが”ゴルファー第一主義”というか、ちゃんとしてますよね」
森岡 「他がやらないことをやってますよね、フットジョイは。僕は〈XW〉と中間の〈W〉で悩みましたが、最終的に27.5センチの〈W〉がしっくりきました。このシュッとしたデザインもフットジョイらしくて美しい。まさに機能美が備わっているのが、この〈ドライジョイズ プロ〉なのではないでしょうか」

スペシャルインタビュー ウィズ を知ればゴルフが変わる!

スタッフクレジット
文・高橋真之介
撮影・今井 暖

※後編に続く

スペシャルインタビュー:ブランドプロデューサー戸賀敬城×ファッションディレクター森岡 弘

「僕らがFJを選ぶ理由」~後編

ゴルファーなら誰もが知るゴルフ専業シューズメーカーとして、ツアープロからアマチュアに至るまで幅広く愛されているフットジョイ。
ウィズ(足幅)を3タイプ用意している、最新作〈ドライジョイズ プロ〉では圧倒的な機能性、
そして優美なデザインを見事なまでに進化させた。
前編に引き続き、ブランドプロデューサー戸賀敬城とファッションディレクター森岡 弘が、その最新作〈ドライジョイズ プロ〉を含め、
フットジョイのアパレルラインについても魅力を語る。
ファッションに精通し、ライフスタイルの中でもゴルフをこよなく愛する2人ならではの特別対談は、いよいよ後編へ。

スペシャルインタビュー「僕らがFJを選ぶ理由」~後編

----ファッション業界でも随一ともいえるくらいゴルフ好きのお二人ですが最新作〈ドライジョイズ プロ〉のフィット感はどうでしょう?
戸賀 「これ、履き心地がとてもいい。〈マイジョイズ〉同様、この〈ドライジョイズ プロ〉も28.5センチで今までより1センチも小さかったんですよ。ウィズを〈M〉〈W〉〈XW〉の3つを用意しているのはゴルファーとしては嬉しいですが、幅の狭い〈M〉や幅広の〈XW〉の人たちのことも考えて、その少数派のためにあえてコストをかけてやっているフットジョイはさすがゴルフシューズのリーディングカンパニーだなと思いますね。メルセデス・ベンツだってセダンだけ作っていれば十分利益が上がるのに、例えばクーペも作ってニッチな車好きの期待に応えている。そういうユーザーへの配慮がフットジョイにも感じられます」
森岡 「それ、すごく分かります。そして、製品にちゃんとコストをかけてモノ作りをしていますよね。だから、フットジョイのシューズ、グローブなどもそうですが、僕も気づけば昔からずっと使ってるのかなと。〈ドライジョイズ プロ〉は履き心地も素晴らしいですが、デザイン的にアスリートマインドも感じさせてくれるし、カチッとしたスタイルでもカジュアルなスタイルでも合わせやすいので、まさに万能。Boaクロージャーシステムがヒールマウントというのもフットジョイだけじゃないですか。この位置に付いていると、機能的にもちろん全体が締まるのもありますが、パンツの裾が引っかからないし、シルエットがスッキリとキレイに見えます」

スペシャルインタビュー「ドライジョイズ プロはスタイルを選ばない万能モデル(森岡)」

「〈ドライジョイズ プロ〉はスタイルを選ばない万能モデル(森岡)」

----”機能を追求したゆえの削ぎ落とされた美しさ”ってことでしょうか?
森岡 「まさにそうです。ブランドとしてのプライドと実績を感じますね。あと、トレンドとしては白ベースのシューズがウェアに合わせやすいし、鉄板カラーだとは思いますが、個人的には黒が来そうだなと思ってます。好調のタイガー・ウッズも黒シューズをよく履いてますよね。ウェアも黒ベースにグレーや白や、ちょっとポップな差し色が入ったもので合わせて、オールブラックというよりはちょっと軽やかなモノトーンがいい。例えば、こういうコーディネイトとか、どうでしょう?」

スペシャルインタビュー 精悍さの中にスポーティさもあって、今っぽい

----精悍さの中にスポーティさもあって、今っぽいですね。
戸賀 「確かにファッションのハイブランドも黒が多い。黒は今、トレンドでもあるし、注目カラー。この森岡さんのコーディネイトのように見た目が重たくならないように色味のバランスを取るのがポイントとなってくるでしょう。僕はじゃあ、軽やかなこういうトリコロールカラーのコーディネイトにしてみようかなと」

スペシャルインタビュー 軽やかでカジュアルなのに品を感じさせるのもフットジョイのアパレルの魅力

森岡 「いいですね。こういうトリコロール縛りでコンセプチュアルにするのもプレースタイルとして楽しい。軽やかでカジュアルなのに品を感じさせるのもフットジョイのアパレルの魅力です。〈ドライジョイズ プロ〉のシューズの配色ともバッチリ合ってますね」
戸賀 「しかもポロシャツも8000円とか、コストパフォーマンスが高い。デザインも機能も申し分ないのに、スポーツウェアとして買いやすい価格設定にしているのも実直なブランドです

スペシャルインタビュー「少数派のウィズも用意しているのが、さすがリーディングカンパニーですね(戸賀)」

「少数派のウィズも用意しているのが、
さすがリーディングカンパニーですね(戸賀)」

----アパレルのデザインも以前より、かなりラインナップが増えてます。〈ドライジョイズ プロ〉と合わせて、お二人のおすすめスタイルのように全身フットジョイだけでアレンジしたくなって来ました。
森岡 「子供っぽくないし、大人のこなれたアスリート感があるのがいいです。ファッションだから派手で楽しいスタイルもいいけど、米PGAツアーのようにシンプルでシックな感じも好きなので。フットジョイはシューズだけじゃなくてアパレルも素晴らしい、というのがもっと日本のゴルファーに伝わることを願ってます」
戸賀 「仕事のストレスをゴルフ場で発散させたいから、元気のいいカラーリングのスタイルにすることも多いですね。でも、時にはオールホワイトでやったり、クラシックなサドルタイプのシューズにニッカボッカーズをシューズに合わせたりしてゴルフを楽しむのもマイブーム。今回の新作〈ドライジョイズ プロ〉ならどんなウェアにも似合いそうなので重宝しそうです。まあ、フットジョイのアパレルならベストマッチですが!」

スペシャルインタビュー「僕らがFJを選ぶ理由」~後編

スタッフクレジット
文・高橋真之介
撮影・今井 暖

横幅サイズが選べる ドライジョイズ プロ 発売キャンペーンを開催中!
足の横幅サイズを知って、もっとフィットする一足を!是非ご応募ください。

トップへ戻る FJ トップページへ戻る